2018年5月23日

ヴィーガンとベジタリアンはどう違う?ヨーロッパの野菜食と雑食のススメ

健康志向が叫ばれる昨今、従来からあった「ベジタリアン」という言葉のほかに「ヴィーガン」という言葉をよく耳にするようになりました。 野菜を中心とした食生活を送る人々には、それぞれの理由があります。かつてはごく一部の人だけが […]

もっと読む
2018年3月17日

西洋の香草とスパイスの文化

「医食同源」のコンセプトを生んだ中国では、松の実やクコの実、甘草など、現代の私たちにもおなじみの薬草が、食材として使用されていました。 一方、西洋でも香草やスパイスの文化は、古代から存在していました。 古代のローマ人は、 […]

もっと読む
2018年3月15日

食卓の医食同源…カラダに優しい香草とスパイスさまざま

香草やスパイスが体によい。よく耳にするフレーズです。 とくに、塩分の多量摂取が問題となり、それに伴って成人病が社会問題となっている昨今では、料理に風味を添える香草やスパイスは大変注目を浴びています。 しかし、スーパーに行 […]

もっと読む
2018年3月1日

さまざまな形状のパスタ…どんなお味で食べるのが伝統的?

世界中で愛されるパスタ。昨今では、世界中でさまざまな形状のパスタが販売されています。 スパゲッティが好き、ペンネが好き、それぞれ個人的嗜好はあるでしょう。 麺好きの日本人の好みは、圧倒的にスパゲッティをはじめとする「長い […]

もっと読む
2018年2月25日

パスタとスパゲッティはどう違う?ジェノベーゼにナポリタン…楽しいパスタの歴史

トマトソースの代りにケチャップが、パンチェッタの代りにウィンナーが入っていてもパスタはパスタ。 本場のイタリア人が見たらぎょっとするようなパスタのバラエティが、世界各地で土着化して発展してきました。 おいしければそれで良 […]

もっと読む
2018年2月16日

イタリアンハーブのあれこれとハーブ料理の伝統レシピ

イタリア料理には欠かせないハーブ。イタリア語では「エルベ・アロマティケ」と呼ばれています。 古代から、ハーブは薬草として、あるいは調味料としてヨーロッパの人々の生活と共にありました。 現代においても、ハーブの薬草としての […]

もっと読む
2018年2月8日

ブイヨン?それともコンソメ?ヨーロッパで親しまれる「うまみ」のヒミツ

「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」そして「うま味」。 調理の基本を成す五大味覚ですが、「うま味」と聞けばすぐに「出汁」が思い浮かびます。 「出汁」は日本のものです。それでは、西洋には「出汁」に相当する「うま味」があるのでし […]

もっと読む
2017年9月4日

ドライフルーツの栄養と魅力|美容と健康にホントに良いの?果物ごとにギュッと凝縮される特徴と栄養価

「乾燥」を意味する「Dry(ドライ)」と、「果物」を意味する「Fruit(フルーツ)」。 2つの英単語をあわせて出来た和製英語の「ドライフルーツ」。 果物の果実を、天日干しや砂糖漬けなどで乾燥させることで、保存食として親 […]

もっと読む
2017年8月28日

ラムネのお菓子は疲れや二日酔いに効く?低血糖に効くブドウ糖で脳にエネルギーを

ラムネ瓶に入ったラムネのお菓子、疲れや二日酔いに効くってご存知でしたか? 今回は、ラムネ菓子のあれこれと、ブドウ糖の作用、ちょっと疲れてしまった時にぴったりのお菓子としてのラムネ菓子をご紹介します。 昔ながらのラムネ菓子 […]

もっと読む